☆ A1クラブメンバーリストの入手方法と使い方 ☆

リスト名 公開範囲 掲載内容 更新頻度 その他
A1CLUB会員リスト 一般 コールサイン、会員番号 週1回
ターボハムログ用 会員限定(1) コールサイン、会員番号、(ハンドル、苗字、JCC/G番号)(2) 週1回 利用法
Logger32用 会員限定(1) コールサイン、会員番号、(ハンドル、苗字)(2) 週1回 利用法

(1) リストを開くには、会員専用ページ共通ユーザー(ID)とパスワード(PW)が必要です。 (ID/PWを忘れた場合はこちらから問い合わせください)
(2) 会員DB(データベース)に情報を登録している場合のみ


<<ターボハムログ用会員リストの利用法>>

1) A1クラブメンバーリスト "a1user.txt"
   ↑ここを左クリックするとユーザー名とパスワードを聞かれますので、
   A1クラブ会員専用ページ共通ユーザー名(ID)とパスワード(PW)を入力して、a1user.txt というファイルを(名前を変えずに)自分のPCに保存します。 

2) メンバーリストのファイル「a1user.txt」をハムログ本体と同じフォルダに入れて

3) ハムログの交信一覧表示の画面の「ファイル」→「テキストデータオープン」(2つあるどちらでも可)とクリックして「a1user.txt」のファイルを指定すると

4) 次回ハムログ起動時から自動的にこのファイルを読み込んで、コールサインが一致したらメンバー情報がデータ欄にされます

5) 和文部会メンバーには【和】、ジュニア部会メンバーには【Jr】、ゼロエリアA1CLUB構成員には【零】ついています

6) 会員番号の末尾M*はミレニアム会員、末尾Aは準会員、末尾Xは社団局会員をそれぞれ示します

【参考】ターボハムログ(Turbo HAMLOG for Windows)公式サイト


<<Logger32用会員リストのコンテスト利用法>>
Logger32用会員リストはそのままでLogger32のテキスト検索機能を利用してログ入力時の会員確認用として利用できるほか、
ファイルの拡張子を .pck に変更するだけで コンテストロギングソフトCTESTWINのパーシャルチェック用ファイルとして使用できます。
以下、CTESTWINのパーシャルチェック用として使用する場合の説明です。

1) Logger32用メンバーリスト"a1user_logger32_j.txt"
   ↑ここを左クリックするとユーザー名とパスワードを聞かれますので、
   A1クラブ会員専用ページ共通ユーザー名(ID)とパスワード(PW)を入力して、a1user_logger32_j.txt というファイルを(名前を変えずに)自分のPCに保存します。

2) ファイルをCTESTWINと同じフォルダに置いて、拡張子を.pck に変更します。 a1user_logger32_j.txt  → a1user_logger32_j.pck

3) メニューの「表示」−「パーシャルチェック表示」にチェックを入れて一度終了します。再起動したとき、ファイルを聞いてきますのでa1user_logger32_j.pckファイルを選んでください

4) コールサイン入力欄に2文字以上入力されると現在のログとパーシャルチェックに登録したデータを探し、一致するコールサイン一覧を表示します

5) パーシャルチェックの詳しい使い方はCTEWSTWINマニュアルのパーシャルチェックの項を参照してください。

【参考】コンテストログソフトCTESTWINダウンロードページ


A1 CLUB TOP